低脂肪のドッグフードの利点

ドッグフードは愛犬の健康状態や年齢、運動量などによって最適なものが違いますので、フードの特徴を理解して最適なものを選んであげるようにして下さい。
例えば脂質の割合を抑えた低脂肪のドッグフードの利点としては、ダイエットになる、老犬にオススメ、膵炎の療法食などがあります。

ダイエットになる

ダイエットを行う場合に低脂肪のドッグフードが基本的にオススメされますが、低脂肪であっても高炭水化物の商品は逆に肥満を招いてしまいます。
一般的に低脂肪のドッグフードは、肉類(タンパク質)を減らし穀類(炭水化物)を増やすことで低脂肪に仕上げているため、商品を選ぶ際には注意が必要となります。

犬にとってタンパク質はとても重要な栄養素ですので、低脂肪で高タンパク質なドッグフードがオススメです。
低脂肪で高タンパク質な食材としては馬肉、七面鳥、鹿肉などが有名です。

また炭水化物の配合量が減る事で物理的にタンパク質が増えますので、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードもオススメです。
炭水化物は糖質を多く含み急激な血糖値上昇を招くため、肥満となる原因ともされています。
ダイエット用として低脂肪を選ぶのであれば、グレインフリーの商品を選ぶようにして下さい。

老犬、室内犬にオススメ

老犬や室内犬は運動量が低いため、一般的なドッグフードを与えていると肥満になりやすいという特徴があります。
そのため先ほどあげた低脂肪、高タンパク、グレインフリーのドッグフードがオススメとなります。

逆に子犬や運動量の多い子には低脂肪は不向きです。
低脂肪のドッグフードはカロリーも控えめに設計されている商品が多いため、カロリーを多く必要とする上記の子ではエネルギー不足となります。
エネルギーが不足すると体重が減少したり、運動量の低下、運動不足による筋肉量の低下やストレス増加などが起こります。

また避妊・去勢手術を行った犬は未避妊・未去勢の犬に比べ必要なエネルギーが少なくなります。
避妊・去勢を行った後はカロリーの量を計算する、低脂肪のフードに変更するなど肥満にならないように注意して下さい。

膵炎の療法食

膵臓から排出される膵液が上手く排出されず逆流する事で、膵液により膵臓が消化され炎症が起こる状態を膵炎といいます。
高脂肪の食事を食べると膵炎になるとされていますので、遺伝的に膵炎に罹患しやすいミニチュアシュナウザーやトイプードル、コッカースパニエル、ヨークシャテリアなどは注意するようにして下さい。

膵炎に罹患した子は膵臓に負担をかけないよう低脂肪の食事をするようになります。
また炭水化物の糖分も膵臓に負担をかけますので、低脂肪はもちろんの事、グレインフリーのドッグフードを選ぶようにして下さい。

ドッグフードを選ぶ際は、なによりも品質の良さを重視するようにして下さい。
高品質のフード(プレミアムフード)である事を大前提に、高タンパク質、低脂肪、グレインフリーのドッグフードを選んであげるようにして下さい。
毎日の食事は健康促進の大切な要素ですので、安心して与えられるフードを選んで下さい。