糖尿病の犬に与えるドッグフードは?

糖尿病とはインスリンと呼ばれる血液中の糖を細胞内に取り入れる役割のある物質が作用しなくなる病気をいいます。
吸収されなかった糖が尿と一緒に排出されるため糖尿病と呼ばれます。
糖尿病に罹患した犬はインスリンを投与する治療と併用して食事療法による治療が行われます。

糖尿病の食事療法

糖尿病の犬に与えるドッグフードの特徴としては、食物繊維が豊富、水分含有量が多い、低GI値食品(低炭水化物)などがあります。
一般的なドッグフードに比べ割高なフードではありますが、愛犬の健康サポートを行う重要な役割を担っています。
糖尿病の犬に与えるドッグフードでは血糖値をあげない事が大切だとされています。

食物繊維が豊富

食物繊維とは胃腸で消化されない物質の事で、穀類や根菜類、果物などに多く含まれています。
この食物繊維には栄養素の急激な吸収を抑制する働きがあるため、血糖値の急上昇を予防する事ができます。

この働きが注目され、糖尿病の療法食レシピとして幅広く活用されています。
良質な食物繊維を摂取するのがオススメです。

水分含有量が多い

水分含有量が多いドッグフードは、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。
また糖尿病は脱水症状が起こりやすいとされているため、こまめな水分補給が大切になります。

水分含有量が多いフードとしてはウェットタイプなどが有名ですが、添加物も多く配合されているため注意が必要です。
安心できるメーカーを探したり、ドライフードをふやかす、手作りなどで対応してあげて下さい。

低GI値食品

糖尿病は高血糖の状態ですので、血糖値の上がりやすい食材を避ける事が重要です。

血糖値の上昇速度をGI値で現しますが、このGI値が高ければ高いほど糖の吸収速度が早く注意が必要です。
炭水化物はこのGI値が高いため、出来れば配合されていないもの(グレインフリー)を選んであげるのがオススメです。

低GI値の食材としてはオーツ麦や白インゲン豆、エンドウ豆などが有名です。
(逆に高GI値の食材としては白米やトウモロコシ、じゃがいもなどが有名です。)

糖尿病の予防

犬種によっては遺伝子的な問題で糖尿病になりやすい子もいます。
そんな子は糖尿病に罹患していなくても予防として、糖尿病に配慮されたドッグフードを与えてみて下さい。
上記の療法食としての特徴を兼ね揃えているフードやグレインフリーのフードがオススメです。

グレインフリー

炭水化物は血糖値の上昇をもたらす食材ですし、肥満の原因ともなります。
肥満は糖尿病の原因として注意が必要な病気ですので、糖尿病の予防として肥満を予防する事は利にかなっています。
また穀物(炭水化物)は犬にとって消化が困難な食材で、消化管に大きな負担となってしまいます。
消化吸収性の観点からもグレインフリーのドッグフードは犬の食性にぴったりです。

糖尿病に罹患した場合、糖尿病に配慮した食事を与えるのは当たり前ですが、食事の安全性も大切です。
粗悪な原料を使用していないか、危険な添加物が入っていないか、栄養バランスは大丈夫かなどフードの選択は大変重要です。
愛犬の健康のためにもドッグフードはよいものを選んであげるようにして下さい。